パチンコ・パチスロ業界ニュース『遊技日本』

パチンコ台の重量制限へ、全日遊連が日工組へ要望

      2017/08/05

パチンコ台の重量化や筐体形状の大型化を受けて全日遊連(阿部恭久理事長)では、日工組に対し8月3日付で、遊技機の重量等を制限するなど一定のルールの策定を検討するよう要望書を出した。

「遊技機の重量及び筐体形状等の制限について(要望)」と題する要望書の中で全日遊連は、パチンコ台の重量化や筐体形状の大型化は、遊技客に楽しんでもらうためメーカー開発陣が趣向を凝らした結果だと理解を示す一方、最近販売された一部の遊技機の重量は「梱包資材を含めると優に60 ㎏を超え、ホールへの運搬・納品設置作業に支障を来す他、過剰労働や人件費の高騰化を招く大きな要因ともなる」と指摘。

さらにパチンコ台の重量化が原因で「ヤマト運輸が事実上、パチンコ台の運送を止めたこと」「他の大手運送会社もヤマト運輸に追随する可能性が高いこと」「島設備への深刻な影響があること」などの懸念材料を挙げた上で、日工組に対して、パチンコ台の重量等について一定のルールを設けるよう強く要望した。

※画像はイメージです。