パチンコ・パチスロ業界ニュース『遊技日本』

3月末の加盟店舗数 9,915軒/全日遊連

   

全日遊連(阿部恭久理事長)はこのほど、「組合加盟店舗の実態調査」における3月末時点の調査結果を公表。

それによると3月末の営業店舗数は2月末より35店舗少ない9,915店(前年同月比295店舗減)。新規店舗数は10店舗(同比3店舗増)、廃業店舗数は47店舗(同比14店舗減)、休業店舗数は123店舗(同比14店舗減、3月中に休業した店舗は15店舗)と、廃業店舗数が40店舗を超え、店舗数は9,900軒前半まで落ち込んだ。

遊技機の設置台数は、パチンコが前月比8,220台減の254万6,723台、パチスロが同比260台減の154万1,591台、その他の遊技機が増減無しの103台。パチンコ・パチスロ共に減少が続き、総設置台数は2月末から8,480台少ない408万8,417台となった。