パチンコ・パチスロ業界ニュース『遊技日本』

京本政樹さんらが新機種をPR/京楽産業.「ぱちんこ必殺仕事人Ⅴ」

   

京楽産業.㈱(榎本善紀代表取締役)は4月27日、都内千代田区のベルサール秋葉原にて、パチンコ新台「ぱちんこ必殺仕事人Ⅴ」のプレス発表会を開催。

業界トップクラスの新枠を纏った必殺シリーズ最新作が約5年半ぶりに登場。3画面液晶をはじめ、上部から飛び出す出陣&トランペット役物など遊技者の想像をはるかに凌駕したギミック群が見所の新枠は、盤面と上・下部のユニットで構成され、発売される新機種に併せてこれらの組み合わせを変えることでリニューアルが可能な分離筐体となっている。

今作のスペックは、確変率60%の出玉有大当り時は必ず15R分の出玉を獲得できるといった安定感が魅力の王道ミドルタイプ。加えて、本機にはSUPER小当りRUSHが搭載されているため、確変中は次回大当りまで出玉が増加し続けていく仕様だ。

発表会では、企画部部長広報宣伝担当の永谷俊介部長が主催者を代表して登壇。「仕事人シリーズは弊社のラインナップの中でも大変重要なコンテンツ。開発するにあたり試行錯誤する事も多かったが、社員一同知恵を絞って良い機械に仕上がったのではないかと自負している」と、今回の後継機が最高の自信作であることを強調した。

また、本機に出演する京本政樹さんとタレントの鈴木奈々さん、歌手の上木彩矢さんがスペシャルゲストで登場。「頼み人 奈々姫」役で本機に初出演を果たした鈴木さんは実機試打にも挑戦し、打った感想を聞かれると「迫力が凄くて興奮が止まらない。導入したら大好きな旦那さんと打ちに行きます」とPR。いつもの鈴木節で会場を沸かせた。また、京本さんは新たに取り入れた撮りおろし映像について「こうしてまたひとつの画面の中で、藤田まことさんと夢の共演を果たせたことは感慨深い。そうした意味でも、興味を持ったパチンコをしたことが無い人も、ホールに足を運んでくれるのではないか。師匠の意思を継ぎつつ大ヒットに導きたい」と新機種にかける思いを話した。上木さんはギタリスト「mi-ya」と収録楽曲2曲を披露するなど、熱いパフォーマンスで会場を盛り上げた。

DSCN2707

(C)松竹・ABC