パチンコ・パチスロ業界ニュース『遊技日本』

施設入所者を招きパチンコ大会/兵庫県遊連青年部会

      2017/01/06

兵庫県遊連青年部会(米田邦広部会長)は12月7日、神戸市垂水区のパチンコホール「ミクちゃんアリーナ学園南店」にて恒例となる社会福祉ぱちんこ競技大会を開催した。

社会福祉ぱちんこ競技大会は、兵庫県下の福祉施設の入(通)所者をホールに招き、パチンコ遊技を提供するもので、「はぁーとふるふぁんどフェスタ」に並ぶ同青年部会の主要事業となっている。25回目となる今回の大会には、76名が参加した。

競技に先立ち挨拶に立った米田邦広部会長は、「我々青年部はさまざまな社会貢献活動を通じて業界の地位向上と発展を目指している。今日は短い時間ではあるが、ぱちんこをやったことがある方もない方も、是非、パチンコの魅力を十分に感じて頂いて、チームで力を合わせて頑張ってください」と、参加者にエールを送った。

参加者は施設ごとに4人1組の19チームに分かれ、60分間での総獲得出玉数で順位を競った。大会の運営は青年部会員17名を中心に、開催ホールのスタッフも協力。競技の結果は、18,300玉を獲得した「ホーリーハウスB」が2位以下に大差をつけ優勝。優勝チームを含め、全ての参加チームに賞品が贈られた。

併せて開催された福祉基金贈呈式では、兵庫県社会福祉協議会、神戸市社会福祉協議会、こうべ障害者音楽フェア実行委員会に総額110万円を贈呈。これに対し神戸市社会福祉協議会の浜田博司事務局長は「引き続き神戸市の福祉の向上に協力をお願いしたい」と謝辞を述べ、感謝状を贈呈した。

dsc_0629

dsc_0703




 - 業界ニュース, 社会貢献活動
 -



業界関連トピックス(外部サイトリンク)

メーカー・販社関係
ホール・コンサル・セキュリティ
メディア関係
パチンコ関連ニュース
一般ファン・まとめサイト他