パチンコ・パチスロ業界ニュース『遊技日本』

近畿の社協に車椅子40台を寄贈/関西遊商

   

関西遊商(草加和徳理事長)は、2012年にスタートした社会貢献活動「車椅子贈呈式」を実施。今年は11月29日から12月2日にかけて近畿2府4県の社会福祉協議会を訪れ、計40台の車椅子を寄贈した。

12月2日には、荒谷博文副理事長と北岡潤史副理事長らが奈良県社会福祉協議会及び和歌山県社会福祉協議会を訪れ、それぞれに5台の車椅子を寄贈した。荒谷副理事長から寄贈目録を受け取った和歌山県社会福祉協議会の栗山隆博常務理事は「車椅子は必要としている人に貸し出したり、小学校など体験教室などで使用している。毎年こうして車椅子を頂けることに、大変感謝している」と謝辞を述べた。

関西遊商の車椅子寄贈事業は、今回で5回目。毎年秋に開催するチャリティゴルフコンペで集まった浄財を原資として車椅子を購入し、近畿2府4県の社会福祉協議会に寄贈している。

dsc_0599

写真左から、荒谷博文副理事長、和歌山県社会福祉協議会の栗山隆博常務理事、北岡潤史副理事長