パチンコ・パチスロ業界ニュース『遊技日本』

松田代表理事、「風営法の下でやるべき事をしっかりやっていく」――同友会

   

同友会(松田高志代表理事)は9月17日、都内台東区の事務局にて9月度定時理事会後の記者会見を開催した。

賛助会員含む64社98名が出席した理事会では、新たに正会員として㈱慶尚(山本耕士取締役専務)、賛助会員として㈱一広(山上徳夫代表取締役)、㈱パチンコパチスロギャラリー(纐纈聡代表取締役)、アイ・テイ・エイ・ヴイデオ・サービス㈱(東村正樹代表取締役)の4社の新規入会が承認可決された。これにより組合員総数はホール52社、賛助会員67社の計119社となった。

会見での報告事項にあたっては、店舗強化委員会から9月に開かれた会員企業間人事交流会、女子社員による交流研修会の開催・進捗報告や、11月20日(木)~21日(金)に実施される埼玉県ストアコンパリゾンについて視察地域と申し込み状況等の報告がなされた。PR強化委員会からは、企画中の秋葉原(仮)アンテナショップについて、具体的なイメージ動画を鋭意製作中とし、10月に開かれる20周年記念式典内で放映することでより積極的にアピールしていくとした。

CSR推進委員会は、去る9月15日(月)に宮城県南三陸さんさん商店街で開かれた「さんさんのど自慢」の開催報告並びに本年度の復興支援ボランティア活動概要を説明。説明にあたった趙顕洙委員長は「約5ヶ月間第4次に渡って実施した本年度のボランティアも無事終了した。被災地支援4年目となる今年は104名が参加した中、復旧から復興という状況へシフトチェンジしている手ごたえを感じた」と総括した。

また質疑では、「時代に適した風営法を求める会」(風営法議連)の動きに対してホール系団体のスタンスに違いが見られるとの指摘があり、同友会としての立ち位置を求められた松田高志代表理事は「色んな角度から勉強と情報収集を継続し慎重審議していく。理事達との中間意見では、情報が交錯するまだ先が見えていないこの状況では、風営法の下でやるべき事をしっかりやっていくという意識を共有している」と述べるに留まった。




 - 業界ニュース
 -



業界関連トピックス(外部サイトリンク)

メーカー・販社関係
ホール・コンサル・セキュリティ
メディア関係
パチンコ関連ニュース
一般ファン・まとめサイト他